2018/05

5月, 2018年

‘2018. 3. 2(金)3. 6(火)30メートル走記録会[全園児(年少~年長)]

2018-05-24

当園の三位一体の教育活動は、遊びを中心に「音感教育・・・知育・・・体育・・・」を行なっています。この中の「体育」における健康な体作りは、幼児の心身ともの健全な発達等に関わるとても大事な活動となっています。ラジオ体操、サーキット運動、なわとび大会、水泳指導「各学年・年4回(12回)」そして、今回アップしました「30メートル走記録会」。各学年とも ‘楽しくも懸命に走る’ 姿、特に年長組は、さくら幼稚園在籍最後の30メートル走は、リラックスした表情、笑顔も見られましたが、勝ち負け等の競争意識が感じられた迫力ある走力を発揮していました。各小学校の運動会での大活躍、素晴らしい走りをとても期待しています。それでは、ぜひ、ご覧下さい。

  

                                                                                                                                                                                                                                                

‘2018. 2.22(木)第52回 おゆうぎ・音楽発表会 PART3(年長組)&「幼稚園園歌(全員合奏)」

2018-05-22

ホップ、ステップ、そして年長組へと「シャンプ」のステージへ 年少、年中と培ってきた音感教育「体力・リズム感・協調性」の総合力を活かし、さくら幼稚園でのおゆうぎ・音楽(合奏)発表の最後を締めくくるにふさわしい素晴らしい[演技・演奏]を披露することが出来ました。ゆうぎ・演奏とも 幼稚園児と思えないハイレベルな~リズム感と豊かな表現力~実際に会場でご覧いただいたご父兄の皆様は、十二分に実感されていることと思いますが、写真だけでは、中々伝わりにくいので、動画でアップしたいところですが、、、それが出来ないのが、すごく残念です。最後は、職員と年長組のお友達全員がステージに上がり、観客のご父兄の皆様、年少、中のお友達と一緒に「江北さくら幼稚園の園歌」を全員合唱し、第52回のおゆうぎ・音楽発表会を終えることが出来ました。午前の部、午後の部(前日準備の方々)においてサポーターの皆様には、お忙しい中、ご協力いただき、本当に有難うございました。厚く御礼感謝申し上げます。※ 会場の西新井ギャラクシティのスタッフの皆様には、準備その他で大変お世話になりました。有難うございました。

     

‘2018. 2.22(木)第52回 おゆうぎ・音楽発表会 PART2「年中組」

2018-05-22

PART1が、ホップの「年少組」、、、ならば、PART2の年中組は、ステップとして「ゆうぎや音楽(合奏)」を難易度の高い振付も何のその、、、初めて手にする楽器ばかり、それだけに懸命に練習し、おゆうぎ、合奏ともすばらしい演技・演奏を披露することが出来ました。さすが~さくら幼稚園のお友達~ ただただ、感動 感動 感動 よくぞここまで!それでは、ご覧下さい。

 

‘2018. 2.22(木)第52回 おゆうぎ・音楽発表会 PART1「年少組」会場=西新井ギャラクシティホール 

2018-05-22

私達は、あらゆる場面で様々な[車・バイク・ラジオ・テレビ・横断歩道を渡る時に流れるメロディ・鳥の鳴き声、学校の下校時流れる交響曲、チャイム音]等々の ‘ 音 ’を聴いている、或いは、聴かされている日常~の中で生活、過ごしている毎日、、、また、この日常的な音(音楽?)によって生活のリズムを刻んでいる、、、当園の大きな特色の一つである「音感教育」の集大成=リズム感・協調性・身体で表現できる力=おゆうぎ・音楽発表会のPART1「年少組」をアップしましたので、ご覧下さい。[初めてのおゆうぎ・合奏に取り組んだお友達の真剣な眼差し、一生懸命な姿、とびっきりの可愛らしさ等]

 

   

 

‘2018. 2. 2(火) 節 分 (豆まき)

2018-05-08

「鬼は外、福は内」今年度は、雨天のため、園庭ではなく各クラスの部屋で「豆まき」を行いました。例年なら、鬼に追いかけられても、逃げられる広さがありましたが、部屋での豆まきは、子ども達にとっての唯一の武器=まめ=がなくなってきた時に鬼に迫られ抵抗できないことで逃げ場を失い、、、初めての豆まきだった年少組のお友達は、、、怖くなって泣きじゃくる子、、、目に涙をため必死にこらえてる子、先生の影に隠れてしまう子、年中・年長組になるにつれ、笑いながら鬼に豆をぶつける子、「鬼は外、福は内」と大きな声で叫ぶ子、鬼と対峙し一歩も後に引かない子、等々様々な子ども達の様子を見ることが出来ました。それでは、ご覧下さい。

« Older Entries

ページのTOPへ