イベント

‘2019. 7.25(木)~ 7.26(金)お 泊 り 保 育「夏期保育(園内=年長組)」

2019-08-01

梅雨明けから一挙に真夏日へと、、、気候の激しい変化の中、お泊り保育を行いました。大切なお子様を一晩、お預かりする、、、預けられる保護者の皆様も、うちの子は大丈夫かしら、、、まさか、夜泣き?熱が出たりしたら等さぞご心配だったことでしょう。昔、~赤信号(横断歩道)みんなで渡れば怖くない~と有名なブラックジョークがありました。これは、極端な例で失礼しますが、みんなで参加する(何か一つのことをみんなでする)と勇気百倍になる力が働く事例は、枚挙にいとまがありません。・食事「朝・夕」・キャンプファイヤー・花火やアニメのビデオ鑑賞・就寝、、、食事の時、何人もの人が「美味しい」誰かが「お代わり~すると、僕も私も」花火を見て「ちょっと怖そうだけど~きれいだね」「わっすごい、大きな音だったね」アニメを観て「おもしろいね~そうだね」就寝する時、周りをみると「お友達がいっぱいいるし~先生もいる~ちょっと不安だったけど、安心した」、、、その時の経験、体験、また、一瞬一瞬は、何事にも得難い将来にとっての貴重な糧になっていきます。保護者の皆様には、園の行事にご理解ご協力していただき、ありがとうございました。

 

‘2019. 7.24(水)ス イ カ わ り 「夏期保育」

2019-08-01

今年は、例年より梅雨明けが遅く、雨が降る日が多くなった、、、合間に、やっと「スイカ割り」を行う事が出来ました。子ども達の楽しみ、その1は、、、目隠しをしながらスイカをわることが出来るか?目隠しをしている棒を持っているお友達に、その棒が当たるように誘導~「こっちこっち、みぎみぎ、あっ行き過ぎ、ひだりひだり、まっすぐ、そのまま、ストップ、みんなで一斉に掛け声「そ~れ、せ~の」~「やったぁ~、あ~あっ」見事大当たり~当たってもわれない~空振り。。。子ども達の一挙手一等足に大はしゃぎ、、、していました。

その2は、、、スイカを思う存分食べる?昔から海辺でスイカ割りを楽しむことが夏の風物詩でしたが、現状は、あまりNES等で紹介されなくなってきているような、どうでしょうか。だとすると、なくなりつつある風物詩を子ども達が体験、経験できる行事としてこれからも大事にしていきたいと強く思いました。では、子ども達の様子、スイカにかぶりつき?どうぞご覧ください。

‘2019. 7.13(土) 盆 踊 り 

2019-08-01

今や日本だけでなく、マレーシアやアルゼンチン、ロシア等海外でも日本の盆踊りを行っていると報道されています。アジアの人気アーテイストNameweeさんによる「Tokyo Bon  (東京盆踊り2020)」は、YouTube上で視聴回数数4,000万回を突破し、海外を中心に大人気となっているそうです。日本のものつくりや食文化だけでなく、ご先祖様を供養すると伝えられている日本古来の伝統行事、盆踊りも改めて日本文化のすばらしさを、、、当園でも、恒例の盆踊りを行い、、、実感しました。保護者の皆様には、数時間単位で変わってしまった天候不順のため、実施出来るかどうかの判断が大変難しくなり、ご迷惑をおかけしすみませんでしたが、何とか行う事が出来ました。また、浴衣や甚平等ご準備いただきありがとうございました。スペシャルボランティア委員の皆様、お忙しい中、アイス配り等、また、園児と一緒に踊ってくれましたお母さま方、やぐらで太鼓を叩いてくれた卒園生のお友達、ご協力、本当にありがとうございました。おかげ様で参加した園児も楽しさを満面に表し元気いっぱい、また、浴衣や甚平をまとった姿は、とっても可愛らしかったです。小学生等も参加し大盛況、すばらしい行事となりました。

 

‘2019. 7. 6(土)本 日 の盆 踊 り の 開 催 に つ い て 「末就園児教室ご入会者対象(パンダ&キッズクラブ)のお知らせ」

2019-07-06

▽ 本日の盆踊りは、雨予報と気温が低く18℃~20℃、北東の風4mとなっていますのでお子様の体調、健康第一を考え、13日に延期とさせて頂くことになりました。ご理解ご了承願います。また、次回の盆踊り開催については、午後4時頃に今回同様にHP上でお知らせを致します。

‘2019. 5.16(木)新 入 園 児 観 迎 会 「マジックファクトリー(マジックショーその他)」

2019-05-31

数年前より始めた新入園児歓迎会(令和1年度新入園児&保護者の皆様対象)を今年度も行いました。NHKのEテレでもおなじみのマジックショーを行っているアンディ先生によるマジックを披露してもらいました。どんな種明かしなんだろうと目を凝らして注意深く何度見ても わかりません でした。=ボーリングのあの大きな重い球が、なぜ画用紙から出せるのか?=その他何回も切った紙が 可愛い園帽子に

大変身? 毎回ながら驚きと感動、子ども達も大興奮、、、していました。アンディ先生の手品さばきは、本当に見事でした。また、とっても楽しませていただき、ありがとうございました。それでは~ 写真では、なかなか伝わりにくいですが。

 

 

« Older Entries

ページのTOPへ