トップページ > 教育理念・目標

教育理念・目標


教育理念・目標

江北さくら幼稚園では知育・音感教育・体育、三位一体の情操教育を実践しています。

人間形成において最も大事な幼児期に社会性の基礎である集団生活のルールがしっかりと身につくように重きを置き、人(先生)の話がよく聴けるようになり人(先生やお友達)とかかわり合える力やコミュニケーション能力を育成し、また、やって良いこと良くないこと等も理解出来るように指導しています。

知力=言語能力・脳

先生との対話「フラッシュカード、絵本、紙芝居」で聞き取り能力を向上させ言語の発達を促し知識を広め知能を高めていきます。

また先生の話がよく聴ける学びの姿勢が身につき、更に、鉛筆が正しく持てるような課題活動を行い就学時の小学校で活かされています。

  • フラッシュカード「 全学年 」
  • 英語のレッスン「 年長/中 」
  • かけざん九九の暗誦「 年長 」、正しい数字の読み方や書き順

音楽=表現力・聴覚

音楽の鑑賞に必要な聴覚、感覚リズム感を養い歌を歌うことや合奏で自分を表現できるようになることや、また、相手を思いやる豊かな感性や情緒を育み、互いに協力し合える共同、協調できる心を育てていきます

  • 歌の発表「 全学年(月々)」
  • 音楽「 合奏 = 全学年 」 発表会
  • 鼓笛隊「 運動会で披露 」 年長
  • 地域のパレード参加

体育=心身・体力向上

日課であるラジオ体操はもとより芝生のある広い園庭を自由闊達に歩き走り回り遊ぶ自然な身体活動や、更に30m走記録会を行う事で健康の増進だけでなく走力や体カ等がかなり向上し、卒園後の各小学校での運動会ではその成果を存分に発揮し評価されています



 

  • ラジオ体操
  • サーキット運動
  • 体操「 全学年 = 週1回 」
  • 30メートル走
  • なわ跳び大会
  • 水泳「 各学年4回(年)= スイムスポーツセンター 」

ページのTOPへ